読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業とエンジニアによるチームワークの考え方について

最近ブログ書いてないねって弊社チーフデザイナー様に言われたので、直近で感じている職種によるチームワークについて書いてみる

前提、超ポジショントークになると思う。 営業やったことないエンジニアが勝手に営業の人を見た印象だけで思っていることをつらつら書いていくので。

結論はとくにないです

エンジニア

大体のことはTeam Geekに書いてある

Team Geek ―Googleのギークたちはいかにしてチームを作るのか

Team Geek ―Googleのギークたちはいかにしてチームを作るのか

ソフトフェア開発はチームスポーツであるから始まって、チームで働く意味を説いた本。

1人のときにどれだけ学習できるだろうか?どれだけ速く進めるだろうか?
ウェブには大量の意見や情報が集まっているが、自分の体験の代わりにはならない。
誰かと一緒に仕事をすることで、みんなの知恵が集まっていく。
しょーもないことに1人でつまづいたら、どれだけ時間が無駄になるだろうか?
一緒に仕事を擦る人たちが君の仕事を見てくれて、間違いや解決方法を指摘してくれるとしたらどれだけ違うだろうか?
これがまさにソフトウェア会社にチームがある理由だ。

他にも

チームがすべて 隠れ家に1人でいたら、才能が開花することもない。秘密の発明をこっそり準備していたら、 世界を変えることもできないし、数百万人のユーザーを喜ばせることもできない。
誰かと一緒に仕事をしなければいけないんだ。ビジョンを共有しよう。仕事を分担しよう。
他人から学ぼう。そして、素晴らしいチームを作るんだ。

自分一人で開発するよりも圧倒的に速く、正しいプロダクトを磨いていき、顧客に喜んでもらうモノを作り続けるチームが必要だと複数人のチームで開発してきたエンジニア全員が思ってるはず。

これだけで終わってしまうので、よかったエピソードを一つ追加。

とある人がプレゼンで話してた内容が結構印象に残ってて、それを書き起こすと

「速く行きたければ一人で行きなさい。 遠くまで行きたければ一緒に行きなさい。」 というアフリカのことわざがあります。
自分は元はフリーランスで一人でも何か速く作ることはできるけど、チームで誰かとお互いに助け合いながら、進めるほうがより遠くへ行くことができるはずです。
だから今は遠くへ行くために、チームで開発できるように会社に所属しています

エンジニアがチームでチームワークを発揮してプロダクトを作るのは全部がこのことわざに集約されているんじゃないかなぁと感じてます。
CTO1人でモノが作れるのであれば、各会社に1人のCTOがいればモノが作れますが、それは遠くへ行けないんじゃないでしょうか。
チームであればその人が持ってない知識やスキルで補って早く遠くへ行けるはずです。

1人でも世界を変えることはできるけど、チームだともっと早く世界を変えることができるのがチームワークを発揮してプロダクトを作る意味だと信じてます。

営業

では営業はどうなのか。
冒頭に書いたけど、自分は営業やったことないので超主観で思ってることを書いていくので正しいかわかりません(多分間違ってる)

営業のチームワークってなんだろうと考えた時に「ONE OUTS」という漫画を思い出しました
野球の漫画で途中でチームワークについて考えるシーンがあります。
雑に引用すると

チームワークとは
「チーム1人1人が力を合わせてより強い力を出す。野球は1人じゃできないから仲間を助け合い、信じ合えばそれが大きな力になる」だろう?
そうじゃない。
真のチームワークは
「1人1人がおれがこのチームを勝たせる!!という強い意志を持ち、行動するというものだ」

この真のチームワークが営業のチームワークに近いんじゃないでしょうか
◯さんの成績がダメそうだから、◯さんの成績を伸ばそうじゃなくて、自分がこのチームを勝たせてやる!!という発想がしっくり来ます

別にこれがダメだとは思ってないです。
自分がもし営業だったら、チームの誰かを伸ばすよりも絶対に自分が頑張ってこのチームを勝たせると考えるからです。
なぜなら、こうしないと個人の目標が達成できないだろうし給料が上がらないから。

営業担当者として、自分の数字がダメでチームが達成していても給料上がらないだろうし、
もし自分だけが秘密のノウハウみたいなのがあった場合は同じところに営業行く同僚に共有するのが難しい気がします(全部想像だけど)

エンジニアというかモノ作りのチームワークってお互いに支え合って補っていくのに対し、営業は数字が給料に直結するし、やり方も人それぞれで力を合わせてみたいなチームワークを保つのが難しいように思います。
(エンジニアもまぁクソみたいなモノ作り続けたらお給料下がるけど)

なんでモヤモヤしてるか

営業の勝ちパターンみたいなモノが全然見えてないが、最近ちょっと考える機会があって、営業のチームってどうすれば全員が幸せにになれる世界があるのかモヤモヤしてます。
とある人の成功事例を真似て、全員が同じやり方をしても同じパイから奪い合うのであれば、意味がないだろうし
営業マネージャーみたいな人がいて、営業なのに数字を持たずにチームの結果にコミットだけする人がもっとノウハウ共有とか本気でやってチームっぽく動けば変わったりするのかなぁ…