あなたが最も面白い漫画を5つ選ぶとしたら?という記事のはてぶコメントからマンガタイトルを抜き出してみた

あなたが最も面白い漫画を5つ選ぶとしたら? って記事からはてぶのコメントに書いてあるマンガのタイトルを全部出したかったので、とりあえず出してみた

2018/06/10時点でのはてぶのコメントからpython + mecabでぶっこ抜いてます。
pythonも素人だし、形態素解析的なやつも素人ですが、とにかくマンガタイトルを全部出してみたかった。。。

結果を見てもらえればわかると思うけど、変な結果も混じってるのでそこは察してもらうしかない(2部みたいなやつはジョジョのはず)

続きを読む

個人事業主関連の税金周り

なんとなくフリーランスになろうと思ってとりあえず開業届を出してフリーランスになったはいいけど、税金周りの知識がなさすぎたのでいろいろ調べた内容をメモがてら残しておく

※自分周辺しか調べてないので、全部のケースは恐らく網羅できていないまたは全然勉強不足で誤ってる場合もあるので、あくまで参考程度として読んでもらえれば…。間違ってる場合はなんかリアクションくれると嬉しいです

続きを読む

最近読んだ本たち10冊 + 漫画とか

いろいろ本読んだので、メモがてら残しておく
読んだってだけであって、全部オススメってわけではない。

続きを読む

はてぶ棚卸しをAWS Lambdaで動かす

はてぶを結構使っていて、過去にはてなブックマーク棚卸しというサービスを使ってた。
全自動ブックマーク棚卸しが想像以上に有意義な件 - てっく煮ブログ

自分がはてぶしたやつが半年後とか1年後にRSSでもっかい配信されてくるだけど、あーこれもっかい読んでおこうと思う記事って意外と多くて、棚卸しから配信される記事を掘り起こしてみたいな使い方をしていました。

ただ、Yahoo!Pipeが終了してはてぶ棚卸しが死んでしまったので、存在自体を忘れていたんですが、最近思いだしたのでとりあえず復活させたお話です。

まぁほぼクラスメソッドさんのやつ丸パクリ参考にして作りました
Yahoo!Pipeが終了して全自動はてブ棚卸しが使えなくなってたのでAPI Gateway + Lambdaで自作してみた | Developers.IO

とりあえずハマったところだけメモしておく。

続きを読む

pythonからslackのApiを使ってみる(DMの内容ダウンロード)

slackでDMをダウンロードしたいなぁと思ったのでpythonで書いてみた
管理者権限でもDMはダウンロードできなさそうだったので

pythonあんま書いたことないからこれでいいのかわからん…

tokenは OAuth Tokens for Testing and Development | Slack とかで取得できます
channelは im.list method | Slack から取ってきます

MySQLの細かいTips

kamipoさんによるmy.cnfgithubにあがってるのでそっちのほうがスーパー参考になると思われる

ctrl + w で単語削除

$ vi $HOME/.editrc

bind "^U" vi-kill-line-prev
bind "^W" ed-delete-prev-word

bashなどはaaa bbb cccという文字列があった場合、ctrl + wで単語指定で削除できますが、MySQLプロンプトのクエリ上でも実現するための設定です。

よく select * from hoge where id = 10000; ってあった場合に10000だけ消したいとかって時に使う。

他にも以下のやつはよく使います。(標準で使えるはず…)

my.cnfの場所探し

$ mysql --help | grep my.cnf

複数あったら表示されて、左から順番に読み込まれる。

mysqlのプロンプト表示

# my.cnfに記載

[mysql]
prompt="[\u@\h](\d)> "

これを入れると[root@localhost](database)>みたいな表示になる

最低限はこれあれば大丈夫な気がするが、本番環境の場合は色変えたいとかあれば頑張ってみてもいいかもしれない。

スキーマ名の補完

# my.cnfに記載

[mysql]
auto-rehash

テーブル名の補完等ができるようになる

mysqlのsafe-updateについて

where句のつけ忘れたupdateとかdeleteとか悲しみに溢れる前に弾いてくれます

# my.cnfに記載

[mysql]
safe-updates

コマンドラインからMySQLを実行したい

$ mysql -uhoge -phoge database -e 'select * from hoge;'

コマンドラインから実行して加工したい時によく使う。 -Nもつけると結果からカラム名が削除されるのでなお加工しやすい。

explainについて

explainは死ぬほど記事があるので、そちらを読んでもらって自分があんま知らなかったことだけ記載。

explain EXTENDED

explain EXTENDED SELECT * FROM hoge where name = 'fuga'

explainに EXTENDEDをつけるとfilteredというカラムが追加される。これはテーブルに対して何%ぐらいがWHERE句などで絞り込まれるかの推測値が出力されるらしい。 (が、100以外見たことないのでよくわからん。。) MySQLのバージョンが5.7になるとExplainのデフォルトに載るらしい

explain format=json SELECT * FROM hoge where name = 'fuga'

ちなみにformatをjsonに指定すると、5.6でもfilteredのデータは載っかる

order by について

created_at の order by は撲滅しよう

スローログ周り

(あとでいい感じにするが、とりあえずリンクだけ)
日々の覚書: MySQLのスローログ関連のパラメーターが評価される順番

mysql > select start_time + INTERVAL 9 HOUR AS start,query_time,sql_text from mysql.slow_log where start_time > '2015-01-01 00:00:00' order by start_time desc;

RDSの場合、タイムスタンプUTCなので+9時間しておくと実際の時間と比較できてわかりやすい。 fileのほうがパフォーマンスいいとおもうけど、RDSでfileってできるんかな…

Githubの通知をいい感じに気付く

Githubの通知拾い方の設定を書いておく

notificationで気付く

スクリーンショット 2016-10-13 15.52.10.png ↑右上のこれ

  • githubのページを開いてると g + n を押せばnotificationのページを開けます
  • デフォルトだと、organizationになってるリポジトリに対して全部通知くるようになってるので、誰かがPullRequest飛ばしただけで通知が全部飛んで来るのが邪魔。
  • これを片っ端から not watching にする

スクリーンショット 2016-10-13 15.55.09.png

  • こうすると @なんとかもしくは、assignされたらやつだけ通知飛んでくるから、それだけ見てればレビュー依頼とか大体取りこぼししない

ただ、OSSで監視したいリポジトリとかは全部ウオッチする場合は入れてていい

メールのパターン

これはオレ使ってないけど、Githubのアカウントは個人が使ってるプライベートなメアドに全部通知が来るので、organizationで飛ぶメアドを切り替えるやり方

https://github.com/settings/notifications の1番したに該当のorganizationはこのメールに通知するって選択できるので、それで該当のメアドだけ hoge@fuga.co.jp にするってできる。

  • 会社に所属していたら、そのメアドだけ監視したいみたいなケースがあったらこっちのほうがいいかもしれない
  • https://github.com/settings/emails でメアド登録する必要があるが…